コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノズル分離法 ノズルぶんりほうseparation nozzle process

1件 の用語解説(ノズル分離法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノズル分離法
ノズルぶんりほう
separation nozzle process

ノズルから気体を噴出させるときに生じる膨張流内の圧力拡散現象を利用した同位体分離法。膨張流の外側に重同位体がわずかに濃縮される。この分離法は,遠心機のような駆動部を必要としないために装置の信頼性が高いが,ガスの駆動を伴うためにエネルギー消費が著しい。分離プロセスドイツカールスルーエ原子力研究所の E. W.ベッカーらにより研究されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone