コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノセマ病 ノセマびょうnosema disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノセマ病
ノセマびょう
nosema disease

原生動物微胞子虫類のノセマ Nosemaによる病気。ノセマ・ボンビシス N. bombycisが蚕をおかすと微粒子病を起す。このことは L.パスツールの研究 (1865) によって明らかにされた。またノセマ・アピス N. apisは蜜蜂をおかして蜜蜂の微粒子病を起す。両者ともに害虫である。このほか魚類に寄生するノセマ・ロフィイ N. lophii,ノセマ・アノマルム N. anomalumなどが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノセマ病の関連キーワード微胞子虫類微粒子病微粒子病微粒子病