コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノセマ病 ノセマびょうnosema disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノセマ病
ノセマびょう
nosema disease

原生動物微胞子虫類のノセマ Nosemaによる病気。ノセマ・ボンビシス N. bombycisが蚕をおかすと微粒子病を起す。このことは L.パスツールの研究 (1865) によって明らかにされた。またノセマ・アピス N. apisは蜜蜂をおかして蜜蜂の微粒子病を起す。両者ともに害虫である。このほか魚類に寄生するノセマ・ロフィイ N. lophii,ノセマ・アノマルム N. anomalumなどが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノセマ病の関連キーワード微胞子虫類微粒子病微粒子病微粒子病

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android