コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞子虫 ホウシチュウ

2件 の用語解説(胞子虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうし‐ちゅう〔ハウシ‐〕【胞子虫】

胞子虫綱の原生動物の総称。寄生性で、栄養は体表を通して宿主から摂取。分裂による無性生殖のほか、有性生殖も行って新宿主への感染型の胞子を形成する。マラリア病原虫グレガリナ・ピロプラズマなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしちゅう【胞子虫】

胞子虫綱Sporozoaに属する原生動物の総称。各種の脊椎・無脊椎動物の細胞内外に寄生し,害を与えるものが多い。胞子虫類の形態はきわめて多様であるが,体には円錐体と極環があり,また外皮のすぐ内側には微小管がほとんど体全長にわたって走っている。このほかにゴルジ体ミトコンドリアなど多くの細胞小器官が存在する。特別な運動器官はもたない。一般に無性生殖有性生殖との世代交番が見られ,生活環の中で胞子を生じて増殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胞子虫の関連キーワード後生動物コクシジウム症側生動物肉質類星砂グレガリナマラリア病原虫内胞子虫症微胞子虫目プロトゾア