コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞子虫 ホウシチュウ

2件 の用語解説(胞子虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうし‐ちゅう〔ハウシ‐〕【胞子虫】

胞子虫綱の原生動物の総称。寄生性で、栄養は体表を通して宿主から摂取。分裂による無性生殖のほか、有性生殖も行って新宿主への感染型の胞子を形成する。マラリア病原虫グレガリナ・ピロプラズマなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしちゅう【胞子虫】

胞子虫綱Sporozoaに属する原生動物の総称。各種の脊椎・無脊椎動物の細胞内外に寄生し,害を与えるものが多い。胞子虫類の形態はきわめて多様であるが,体には円錐体と極環があり,また外皮のすぐ内側には微小管がほとんど体全長にわたって走っている。このほかにゴルジ体ミトコンドリアなど多くの細胞小器官が存在する。特別な運動器官はもたない。一般に無性生殖有性生殖との世代交番が見られ,生活環の中で胞子を生じて増殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone