コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノハラアザミ(野原薊) ノハラアザミCirsium tanakae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノハラアザミ(野原薊)
ノハラアザミ
Cirsium tanakae

キク科の多年草。乾いた草地に生え,本州中部,北部の山地に分布する。茎は高さ 50~100cmでよく分枝する。根生葉は長さ 25~40cmに達し,長楕円状披針形で8~12対に深く分裂し,鋭いとげがあり,花期にも残存する。茎葉は根生葉より小さく,羽状に裂け,裂片にとげがある。8~10月,枝先に直立する頭状花を上向きにつける。総包鐘形で径 1.5~2cm,クモの糸状の毛がある。ノアザミによく似ているが,花期が遅い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノハラアザミ(野原薊)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android