コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キク科 キクか Compositae

2件 の用語解説(キク科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キク科
キクか
Compositae

双子葉植物中最も進化した科と考えられ,約 900属1万 4000種を含む。世界中に広く分布し,多くは草本である。多数の小花が集って頭状花序 (頭花) をつくり,さらに多数の頭花が総状あるいは散房状に集ってつくこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キク科
きくか
[学]Compositae (Asteraceae)

双子葉植物合弁花類。大部分は多年草であるが、一年草から30メートルを超す高木まである。およそ1000属、2万種からなり、その分布域は南極大陸を除く全世界に及び、海浜から高山の積雪線に至るあらゆる環境に生育している。日本には72属、約370種知られている。多数の小花が頭状の花序に密に集まり、周囲の総包葉片とともに頭花を構成する点がキク科の特徴である。科名のCompositaeラテン語で「各種の要素からなる」という意味で、頭花の構造に由来している。各小花は基本的にいずれも雄しべ雌しべを備えた子房下位の両性花で、一般にいう1個の花に対応するが、小花自体がさまざまな形をとるうえに、頭花を構成していることによる分化(中心花と周辺花)が加わり、形や性の点で多様である。雄しべは1輪、縦長の葯(やく)が互いに癒合し、雌しべを取り巻いた集葯雄蕊(ゆうずい)である。葯の内側に放出された花粉を下から伸びてくる雌しべが押し出し、自家受粉を避けている。頭花を構成する小花がすべて両性の舌状花からなり、植物体に組織としての乳管の発達するタンポポ亜科と、頭花を構成する小花がかならずしも両性の舌状花のみとは限らず、乳管の発達しないキク亜科とに大別される。前者は、葉や茎をちぎると白い乳液が出る。キク亜科ではマルバダケブキなど、大部分の頭花は周辺花が雌性の舌状花で、中心花は両性の管状花であるが、アザミ、ヨモギ、フキなどのように舌状花を欠くものや、イズハハコ(ワタナ)のように周辺花が雌性の糸状花になるものなどあるので、13のグループに大別する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キク科の関連キーワード双子葉植物托葉単子葉植物被子植物主根茎葉植物合弁花類網状脈双子葉類尾状花序群

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キク科の関連情報