コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総包/総苞 ソウホウ

2件 の用語解説(総包/総苞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐ほう〔‐ハウ〕【総包/総×苞】

花序全体を基部で包む小さいうろこ状の包の集まり。菊・タンポポなどにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総包
そうほう

総苞とも書き、包(包葉)、または単純化した茎葉が花序の基部に輪状に取り囲むように集まったもので、1枚ずつの包または葉を総包片という。一つの総包は一つの花序に対応する。総包は、包をつけた花序の軸が短縮して包が密集することによって形成され、しばしば、越冬芽においては花序全体を包んで保護器官となる。一般に被子植物では花柄は包のわきより生じるため、総包の発達した花序では花が密集することが多い。セリ科の散形花序や、とくにキク科の頭状花序はその例である。ヤマボウシゴゼンタチバナドクダミなどでは花は小形で密集し、総包片が大形で花弁状となり、昆虫誘引器官となる。キンポウゲ科イチリンソウ属オキナグサ属セツブンソウ属などでは、花茎につく1輪の茎葉の輪を総包とよんでいる。これは花弁状になった萼片(がくへん)のかわりに花の保護器官となっている。ブナ科では、クリ属のいがやコナラ属の殻斗を総包とみなすという意見もある。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総包/総苞の関連キーワード心膜鱗石鱗釘鱗雲芽鱗細鱗地百足常磐御柳鱗毛雲脂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone