ノート・イシュアンス・ファシリティ(英語表記)note issuance facility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノート・イシュアンス・ファシリティ
note issuance facility

通常1~6ヵ月程度の短期証券を借り手が繰り返し発行し,かりに証券の販売がうまく進まなくても,最終的には銀行団がそれを逐次買い取ることを約束・保証した制度のこと。すなわち,銀行団は借り手に包括的な信用供与枠を設定し,その枠内で借り手をバックアップすることになる。借り手にとっては,ローンよりも低いコストで調達でき,銀行団にとってもローンよりも流動性のある運用が可能となるという点でメリットがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android