ノーフォーク[島](読み)ノーフォーク

百科事典マイペディアの解説

ノーフォーク[島]【ノーフォーク】

オーストラリア東方,ニューカレドニア島南方約800kmに位置する島。オーストラリア領。1774年J.クックが来航。1788年―1856年には流刑地。気候温和で風光に恵まれ,観光が第1の産業。1956年には捕鯨の基地がつくられたが1962年以降休止。35km2。1576人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノーフォーク[島]【Norfolk Island】

南太平洋南西部,シドニーの北東約1700kmにあるオーストラリア領の島。面積35km2,人口1900(1993)。土地は肥沃であるが食料自給には不十分で,経済的には観光収入に依存する。シドニー,オークランドから航空の便がある。1774年にクックが発見し,88年にシドニーとともに流刑植民地として入植が行われた。1856年にピトケアン島からバウンティ号の反乱者の子孫が移住した。【谷内 達】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android