コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロゴケグモ

1件 の用語解説(ハイイロゴケグモの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハイイロゴケグモ

亜熱帯原産の毒グモ。雌の体長約1センチ。背中には灰色から黒の斑紋があり、腹部にある砂時計型の赤い斑紋が特徴。攻撃性はないとされるが、かまれるとその部分がうずいたり発熱したりする。生態系や農業などにも被害を与える恐れがあるとして、特定外来生物に指定され、飼育や輸入などが禁じられている。

(2009-08-04 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハイイロゴケグモの言及

【毒グモ(毒蜘蛛)】より

…この2種は人や家畜に対しての刺咬(しこう)症例も多く,10例以上の死亡例を含めた多数の被害が報告されている。このほか,オーストラリア,太平洋の熱帯地域の島々に分布しているセアカゴケグモ,南アメリカ,中央アメリカ,太平洋の熱帯地域の島々に分布しているハイイロゴケグモ,アメリカ合衆国南部に分布しているイトグモの1種Loxosceles reclusa,ブラジルに分布しているコモリグモの1種Lycosa raptoriaLycosa erythrognathaおよびシボグモの1種Phoneutria feraなどが知られている。日本でもっとも毒の強いクモはカバキコマチグモChiracanthium japonicumで,かまれると赤くはれ,アレルギー体質の人では痛みが数日続く場合もあるが,通常は30分~3時間くらいで痛みはなくなることが多い。…

※「ハイイロゴケグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイイロゴケグモの関連キーワード亜熱帯気候タランチュラ熱帯魚アカリファ亜熱帯植物草蜘蛛笹蜘蛛鳶烏賊水蜘蛛亜熱帯林

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイイロゴケグモの関連情報