コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイポマグマ hypomagma

岩石学辞典の解説

ハイポマグマ

(1) 仮想的なガラス質の物質で,地球深部に存在し熔融するとパイロマグマ(pyromagma)となるもの.(2) 完全には珪酸塩熔融体に溶解していない揮発性成分を多量に含み,結晶作用の温度が1200℃から1250℃程度のマグマをいう[Jaggar : 1920, 1947, Szadeczky-Kardoss : 1960].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ハイポマグマの関連キーワードサブ貫入性岩脈サブ噴出性岩脈ネオマグマ深成岩脈熔岩柱

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android