ガラス質(読み)ガラスシツ

百科事典マイペディアの解説

ガラス質【ガラスしつ】

天然ガラスを半分以上もつ火山岩や火砕岩を形容する語。完全にガラスのみからなるものを完ガラス質,結晶を混在するものを半晶質と呼んで区別することがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

ガラス質

非晶質(hyaline)のこと.液体を結晶化させることなく冷却して,その粘度が固体と同じ程度の大きさに達した非晶質状態あるいは無定形状態をいう[長倉ほか : 1998].岩石の場合にはマグマの非晶質固化生成物をいう一般名である.全部がガラス質であれば黒曜岩または浮石となり,石基または最終充填物(mesostasis)のみがガラス質の場合もある.一般にガラス状態にある物質をガラスといい,ガラス状態とは液体が結晶化することなく冷却して,粘度が固体と同じ程度に達した非晶質状態あるいや無定形状態のことである.hyalo:ガラス質(glassy)の接頭語.hyaline:自然のガラス質のことをいう.vitreous:天然のガラスのことをいう.vitric:ガラス質と同じ.ラテン語のvitrumはガラスのこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ガラスしつ【ガラス質】

岩石の結晶度を表す語。岩石がガラスから成るときに使う。急速に冷え固まってできた火山岩に見られる。玻璃はり質。 ⇔ 完晶質

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガラス質の関連情報