結晶作用(読み)けっしょうさよう(英語表記)crystallization

翻訳|crystallization

岩石学辞典「結晶作用」の解説

結晶作用

流体(fluid)から結晶相が分離する過程.気体,液体溶液,固溶体などの粘性状態または分散状態から結晶が分離する[Baker & Day : 1916, Wright : 1916].火成岩の場合は,一般に結晶性の物質を溶解している液状マグマから,温度の低下によって飽和溶解度よりも濃度が高くなり結晶が析出することをいう.結晶は一種類とは限らず,各種の結晶が条件に応じて順次析出する.晶出作用ともいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android