結晶作用(読み)けっしょうさよう(英語表記)crystallization

翻訳|crystallization

岩石学辞典の解説

結晶作用

流体(fluid)から結晶相が分離する過程.気体,液体,溶液,固溶体などの粘性状態または分散状態から結晶が分離する[Baker & Day : 1916, Wright : 1916].火成岩の場合は,一般に結晶性の物質を溶解している液状のマグマから,温度の低下によって飽和溶解度よりも濃度が高くなり結晶が析出することをいう.結晶は一種類とは限らず,各種の結晶が条件に応じて順次析出する.晶出作用ともいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android