ハインケル He178(読み)はいんけるえっちいーひゃくななじゅうはち

世界大百科事典内のハインケル He178の言及

【ジェット機】より

…その後30年代になって,飛行機が高速で飛びプロペラ先端の回転と前進の合成速度が音速に近づくとプロペラの効率が下がるため,プロペラ機ではマッハ0.6~0.7以上の高速化がむずかしくなり,打開手段としてジェット機の開発がドイツとイギリスで始まった。世界で初めて飛んだジェット機はドイツのハインケルHe178で,第2次世界大戦直前の39年8月だった。ジェット機の実用化もドイツが最初で,44年メッサーシュミットMe262が実戦に加わった。…

※「ハインケル He178」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android