ハクチョウソウ

百科事典マイペディアの解説

ハクチョウソウ

ヤマモモソウとも。北米原産のアカバナ科の多年草。草たけ1m内外,葉は披針形で縁に波形のあらい鋸歯(きょし)があり,柄がない。冬は根出葉だけが残る。6〜7月,白または淡桃色の4弁の花を長い穂状につけ,群生して咲くと美しい。株分けは春がよく,実生(みしょう)も容易。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android