コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカバナ科 アカバナかOnagraceae

2件 の用語解説(アカバナ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカバナ科
アカバナか
Onagraceae

双子葉植物フトモモ目の1科。新旧両大陸の温帯から熱帯へかけて約 20属 650種ほどが知られる。高木,低木も少数あるが,大部分は多年草で小型のものも多い。葉は通常は互生するが,対生,輪生するものもある (→葉序 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカバナ科
あかばなか
[学]Onagraceae

双子葉植物、離弁花類。ほとんどが草本であるが低木もある。葉は単葉で対生または互生し、普通は4数性で、托葉(たくよう)はない。花は両性で多くは4数性、放射相称。萼(がく)は子房に合着し、花弁も同数で離生。雄しべは花弁と同じかまたは倍数。葯(やく)は2室で縦列する。子房は下位で、花柱の先端は頭状か棍棒(こんぼう)状であるが、4裂するものもある。(さくか)または堅果をつくり、種子は無胚乳(はいにゅう)で、長毛をつけるものもある。世界に37属640種、日本に5属28種分布、帰化種も多い。水生で堅果をつくるヒシ属をヒシ科Trapaceaeとして独立させる説もある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカバナ科の言及

【アカバナ(赤花)】より

…アカバナ科の多年草(イラスト)。平地から低山帯まで,湿地にはふつうに群生している。…

※「アカバナ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカバナ科の関連情報