アカバナ科(読み)あかばなか

日本大百科全書(ニッポニカ)「アカバナ科」の解説

アカバナ科
あかばなか
[学] Onagraceae

双子葉植物、離弁花類。ほとんどが草本であるが低木もある。葉は単葉で対生または互生し、普通は4数性で、托葉(たくよう)はない。花は両性で多くは4数性、放射相称。萼(がく)は子房に合着し、花弁も同数で離生。雄しべは花弁と同じかまたは倍数。葯(やく)は2室で縦列する。子房は下位で、花柱の先端は頭状か棍棒(こんぼう)状であるが、4裂するものもある。蒴果(さくか)または堅果をつくり、種子は無胚乳(はいにゅう)で、長毛をつけるものもある。世界に37属640種、日本に5属28種分布、帰化種も多い。水生で堅果をつくるヒシ属をヒシ科Trapaceaeとして独立させる説もある。

[小林純子 2020年8月20日]

 APG分類でもアカバナ科とされる。ヒシ属はミソハギ科に含まれる。

[編集部 2020年8月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アカバナ科」の解説

アカバナ科
アカバナか
Onagraceae

双子葉植物フトモモ目の1科。新旧両大陸の温帯から熱帯へかけて約 20属 650種ほどが知られる。高木,低木も少数あるが,大部分は多年草で小型のものも多い。葉は通常は互生するが,対生,輪生するものもある (→葉序 ) 。花は頂生または腋生し,しばしば長い花穂をつくる。花弁片ともに4枚,おしべも4または8本,めしべの子房 (果実) も4室 (ときに2室) のものが多い。マツヨイグサ属,イロマツヨイ (ゴデチア) 属,フクシャ属などには観賞用に栽培される種類が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアカバナ科の言及

【アカバナ(赤花)】より

…アカバナ科の多年草(イラスト)。平地から低山帯まで,湿地にはふつうに群生している。…

※「アカバナ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android