容易(読み)ヨウイ

  • たやす・い
  • たゆす・し
  • たわやす・し たは‥

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]たやすいこと。やさしいこと。また、そのさま。「容易なことでは到達できない」「容易に解ける問題」
[派生]よういさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
たやすくできること。やさしいこと。また、そのさま。 -に行ける -ではない 類義の語に平易があるが、平易は問題や文章などがわかりやすい意を表す。それに対して容易はある物事を行うのに多くの労力や時間を必要としない意を表す
[派生] -さ
[句項目] 容易ならぬ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙 たやす・し 〘形ク〙 (「た」は接頭語)
① わけなくできる。何でもない。むずかしくない。容易である。やさしい。
※続日本紀‐天平元年(729)八月二四日・宣命「天下の事をや多夜須(タヤスク)行はむと、念(おも)ほし坐して」
② かるがるしい。かるはずみである。軽率である。
古今(905‐914)仮名序「つかさ位、高き人をば、たやすきやうなれば入れず」
※徒然草(1331頃)三「ひたすらたはれたる方にはあらで、女にたやすからず思はれんこそ、あらまほしかるべきわざなれ」
たやす‐げ
〘形動〙
たやす‐さ
〘名〙
〘形ク〙 (「たやすし」の変化した) =たやすい(容易)
※法華経釈文平安中期点(976頃)上「管見を以て容易(タユスク)聖説を断す可からず」
〘形ク〙
① 容易である。むずかしくない。たやすい。簡単だ。
※書紀(720)推古一六年六月(図書寮本訓)「妹子、書を失へる罪有りと雖も、輙(タハヤスク)罪す可からず」
② 軽々しい。気軽である。軽率である。
※源氏(1001‐14頃)賢木「たはやすく御心にまかせてまうで給ふべき御住みかにはたあらねば」
たわやす‐げ
〘形動〙
たわやす‐さ
〘名〙
〘名〙 (形動) たやすいこと。やさしいこと。また、そのさま。
※正法眼蔵(1231‐53)行持上「断臂たとひ容易なりとも、この割愛は大難なるべし」 〔戴復古‐昭武太守王子文曰与李賈厳羽共観前輩一両家詩及晩唐詩、因有論詩十絶詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

容易の関連情報