コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根出葉 コンシュツヨウ

3件 の用語解説(根出葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こんしゅつ‐よう〔‐エフ〕【根出葉】

植物の茎が極端に短いため、根または地下茎から直接出ているようにみえる葉。ダイコンタンポポなどにみられる。根葉。根生葉。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんしゅつよう【根出葉】

地表にきわめて近い部分から密集して出る葉。越年草・多年草にみられ、冬にロゼットとなるものが多い。タンポポ・ダイコン・ゴボウ・チューリップなど。根生葉。根葉。 → ロゼット

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根出葉
こんしゅつよう

根から出ているかのようにみえる葉。根生葉ともいう。実際にはタンポポのように、葉は節間が短縮した茎についている。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の根出葉の言及

【ロゼット】より

…草本の茎が基部で節間が伸びず,相接して葉が出ると,タンポポのように地表付近で葉を多数叢出するようにみえる。このような葉を根出葉(根生葉)といい,そのような草本の生育型を,バラの花冠に似た形状をしているところからロゼットという。ふつうは,根出葉を出す短い茎から,花茎が長く伸び出し,花茎には根出葉と異なった形態の葉(茎葉という)をつけるが,葉を全然つけない場合もあり,タンポポのように花梗に頭状花をつけるだけという姿のものもある。…

※「根出葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone