ハグルマトモエ(読み)はぐるまともえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハグルマトモエ
はぐるまともえ / 歯車巴蛾
[学]Spirama helicina

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。はねの開張50~70ミリ。前翅の横脈上に大きく黒い巴(ともえ)状の紋があり、黒色の外横線と波状をなす二重の亜外縁線がある。裏面は赤色。年2回、春と夏に成虫が出現するが、夏生の雄は全体に黒っぽく、巴状の紋が不明瞭(ふめいりょう)。幼虫はネムノキの葉を食べる。幼虫は体長60ミリくらいのシャクトリムシ状のイモムシ。日本全土、東南アジアに広く分布する。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハグルマトモエの言及

【トモエガ】より

…一般に雄は暗色であるが,雌では数本の緑褐色の条線で彩られ,裏面は朱色である。日本にはオスグロトモエS.retortaとハグルマトモエS.helicinaの2種が分布し,ともに北海道を除く本土にふつう。幼虫はネムノキの葉を食べる。…

※「ハグルマトモエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android