ハッカ(客家)方言(読み)ハッカほうげん(英語表記)Hakka dialect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッカ(客家)方言
ハッカほうげん
Hakka dialect

中国語の方言の一つ。一定の地域にまとまって分布しておらず広東,福建江西,四川,台湾,マレーシア,タイなどに方言の島をつくっている。話し手約 4000万人。中心地は梅県 (広東省北東部) であり,中古音の全濁音が,声調のいかんを問わず,すべて有気音に変化しているのが特色。声調は陰入・陽入を入れれば6種で,韻尾に-p,-t,-k,-m,-n,-ŋが残っている。広東方言からの借用が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android