いかん

精選版 日本国語大辞典「いかん」の解説

いか‐・ん

連語〙 (動詞「いく」に打消の助動詞「ぬ」から転じた「ん」の付いたもの)
① (多く「…訳にいかん」の形で) 物事がうまく運ばない意から、不可能を表わす。できない。いかない
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「あんまり口を出す訳にもいかんし」
② よくない。いけない。
(イ) (上に確定的表現が来る場合) 望みがない。だめである。感動詞のように用いることもある。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一三「いかん事とはのとどのがいひはじめ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「是れが英国だと君一人位どうでもなるんだが、日本だからいかん」
(ロ) (上に仮定的表現が来る場合) 禁止、忠告の気持がこめられる。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「あんまり熱くしちゃアいかんぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「いかん」の解説

いか◦ん

[連語]《動詞「い(行)く」の未然形に打消しの助動詞「ぬ」の付いた「いかぬ」の音変化》
ある動作が不可能であることを表す。できない。いかない。いかぬ。「無理に行くなと言うわけにも―◦ん」
禁止・非難の意を表す。だめだ。いかぬ。いけない。「そんなことをしては―◦ん」
望みがないの意を表す。いけない。「もう―◦ん、おしまいだ」
[類語](2いけないけしからん禁物駄目不可良からぬ悪い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「いかん」の解説

【胃】いかん

胃袋

字通」の項目を見る

】いかん

字通「」の項目を見る

渙】いかん

波光

字通「」の項目を見る

【甚】いかん

どんな。

字通「甚」の項目を見る

何】いかん

なぜ。どうして。〔書、召誥〕嗚呼(ああ)、曷(なん)ぞ其れ、何ぞ(つつし)まざる。天、に大殷の命を遐(かしう)(終結)す。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android