コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナダイ(読み)はなだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナダイ
はなだい / 鼻鯛・花鯛

(1)タイ類またはそれに似た魚類の混称。前額部または吻(ふん)部がやや隆起する魚に与えられた名で、東京地方や千葉県地方などではチダイ、神奈川県ではチダイやキダイ(レンコダイ)のこと。熊本県でキダイをハナフリダイ(鼻振鯛)、長崎県でハナオレダイ(鼻折鯛)とよぶのも同じ趣向である。
(2)ミナミハナダイ属、イズハナダイ属、ヒメハナダイ属、ナガハナダイ属、スミツキハナダイ属、アカイサキ属、イッテンサクラダイ属、サクラダイ属など多くの属を含むハタ科ハナダイ亜科の仲間の総称。いずれも小形で、体形はタイ型かそれより細長い。背びれに10本の棘(とげ)があり、多くの種は各ひれの鰭条(きじょう)先端が糸状に伸長する。雌から雄に性転換する雌性先熟型の種が、知られている。体色や斑紋に雌雄差があり、いずれの種も鮮紅色、黄赤色を基本にして美しい。水族館で展示される種が多い。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナダイの言及

【チダイ(血鯛)】より

…地方名も多く,壱岐,対馬でヒダイ,高知県,新潟県でコダイと呼ばれる。また,雄の成魚では前額部が突出してくるので東京都でオオッパナ,銚子でハナダイと呼ばれる。関東の釣師の間ではこのハナダイが本種をさす名称として広く用いられている。…

※「ハナダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android