コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバードモデル Hubbard model

法則の辞典の解説

ハバードモデル【Hubbard model】

同一原子内におけるクーロン相互作用のみを考慮した,固体内の電子のモデル.遷移金属やその化合物中のd電子由来の磁性や,金属‐非金属転移の解析に用いられる.このモデルのハミルトニアンは下のようになる.

H=∑tijciσ cjσUnini

ここで tijij 原子間の遷移要素,U は原子内相互作用の強さを表している.ciσciσni は,それぞれ i 番目の原子における σ スピン電子の生成,消滅,および粒子数演算子である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ハバードモデルの関連キーワード遷移

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android