コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハブタエノリ(羽二重海苔) ハブタエノリHemineura schmitziana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハブタエノリ(羽二重海苔)
ハブタエノリ
Hemineura schmitziana

紅藻類イギス目コノハノリ科。漸深帯の岩石に着生する海藻。藻体は葉状縁辺に羽状の分岐を1~2回生じる。薄い膜質で生品は白く羽二重のような感じがあるのでこの名がつけられた。日本のほとんどの海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android