縁辺(読み)エンペン

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぺん【縁辺】

物のまわり。物の周縁部。また、一国の周辺。
縁故のある人・家。特に血縁・婚姻による親族関係。
「―の事なれば妻娘(つまこ)をも呼びて」〈露伴・風流魔〉
結婚すること。また、縁づかせること。
「娘の―の事に就きましても…御心配を願いましたそうで」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ぺん【縁辺】

〘名〙
① 特定領域の周縁部。特に、国の周り。国境。
※律(718)衛禁「凡縁辺之城戍。有外姦内入。〈謂。衆不百人者〉内姦外出」 〔史記‐匈奴伝〕
② 物の周囲。へり。ふち。
※寛斎先生遺稿(1821)三「口稜以紫竹、縁辺刻字」
③ ゆかりある人。縁続きの人。縁家。
※秋成本落窪(10C後)三「縁辺になりぬるこそ、頼もしけれ」
④ 夫婦の縁を結ぶこと。縁組。結婚。縁約。
※玉塵抄(1563)二四「前に韓業が所えいて縁辺をこうたぞ」
※古文真宝前集抄(1642)一「若し未だ縁辺なき人ならば、我が聟に取らん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報