縁辺(読み)エンペン

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぺん【縁辺】

物のまわり。物の周縁部。また、一国の周辺。
縁故のある人・家。特に血縁・婚姻による親族関係。
「―の事なれば妻娘(つまこ)をも呼びて」〈露伴・風流魔〉
結婚すること。また、縁づかせること。
「娘の―の事に就きましても…御心配を願いましたそうで」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんぺん【縁辺】

まわり。周辺。 「 -諸国」
縁続きの人。ゆかりのある人。
夫婦の縁を結ぶこと。縁組。 「たがいにおもしろづくの御-/浮世草子・一代男 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁辺の関連情報