コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミルトン‐ステュワート公式 Hamilton-Stewart formula

法則の辞典の解説

ハミルトン‐ステュワート公式【Hamilton-Stewart formula】

指示色素を静脈注射したときの心臓からの血液流量を求める公式.一分間当たりの拍出量 F(リットル),i は注射した物質の質量(mg),c は一次曲線をなす血液中の色素濃度の平均値(mg/l).t は一次曲線の継続時間(秒単位)としたとき F=60i/ct である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ハミルトン‐ステュワート公式の関連キーワードリットル平均値秒単位物質質量

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android