コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムギョン(咸鏡)山脈 ハムギョンさんみゃくHamgyǒng sanchulgi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハムギョン(咸鏡)山脈
ハムギョンさんみゃく
Hamgyǒng sanchulgi

北朝鮮の北東部にある北東から南西方向の山脈。ハムギョンプク (咸鏡北) 道北部のオボン (五峰) 山 (1329m) からハムギョンナム (咸鏡南) 道とリャンガン (両江) 道の境界東部にあるトゥリュ (頭流) 山 (2309m) まで連なる。朝鮮半島第2の高峰であるクアンモ (冠帽) 峰 (2540m) をはじめ標高 2000mをこえる山がそびえる。北に接するペクム (白茂) 高原へはゆるやかに低下し,南東の日本海岸へは急傾斜をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone