コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムギョン(咸鏡)山脈 ハムギョンさんみゃくHamgyǒng sanchulgi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハムギョン(咸鏡)山脈
ハムギョンさんみゃく
Hamgyǒng sanchulgi

北朝鮮の北東部にある北東から南西方向の山脈。ハムギョンプク (咸鏡北) 道北部のオボン (五峰) 山 (1329m) からハムギョンナム (咸鏡南) 道とリャンガン (両江) 道の境界東部にあるトゥリュ (頭流) 山 (2309m) まで連なる。朝鮮半島第2の高峰であるクアンモ (冠帽) 峰 (2540m) をはじめ標高 2000mをこえる山がそびえる。北に接するペクム (白茂) 高原へはゆるやかに低下し,南東の日本海岸へは急傾斜をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハムギョン(咸鏡)山脈の関連キーワードハムギョンプク(咸鏡北)道朝鮮民主主義人民共和国リャンガン(両江)道トゥマン(豆満)江プクチョン(北青)クアンモ(冠帽)峰キルチュ(吉州)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android