コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠帽 カンボウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぼう〔クワン‐〕【冠帽】

頭にかぶるもの。
「これを以て婦人の―衣裳を買いて」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぼう【冠帽】

かぶりもの。かんむり。 「これを以て、婦人の-衣裳を買ふて/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冠帽の言及

【冠】より

…これは鎧を装着した状態で埋葬されていたので,立飾はあるいは冑を飾ったものかもしれぬが,とすれば冑も防御具としてだけではなく,一種の権威の象徴として用いられたことになろう。【山本 忠尚】
【東洋】
 中国では冠帽といい,男子の頭髪を覆い束ねるものをさし,成人に達したらつける。古代は殷周の玉人などによって確かめられ,春秋戦国時代には身分社会の象徴として定着する。…

※「冠帽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冠帽の関連キーワードハムギョン(咸鏡)山脈丸山古墳〈大阪府〉ノイン・ウラクァンモボン江田船山古墳有岡古墳群山崎 安治阿武山古墳松岡辰方咸鏡山脈上田光秋蓋馬高原朝鮮半島飾履塚強装束金鈴塚髪形元服朝鮮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠帽の関連情報