ハルバート(英語表記)Homer Bezaleel Hulbert

世界大百科事典 第2版の解説

ハルバート【Homer Bezaleel Hulbert】

1863‐1949
アメリカの北メソディスト派宣教師,言語学者,歴史学者。朝鮮名は轄甫。バーモント州に生まれ,ダートマス大学を卒業。1886年朝鮮の官立学校〈育英公院〉の教師として招聘され91年まで在職。93年再び朝鮮に渡り,宣教事業に従事し,1901年には《コリアン・レビュー》を創刊した。反日的立場をとり,05年皇帝高宗のアメリカ大統領あて親書をもたらし,07年には高宗のハーグ万国平和会議への密使派遣を援助した(ハーグ密使事件)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android