ハル コーデル(英語表記)Hull Cordell

20世紀日本人名事典の解説

ハル コーデル
Hull Cordell

07の政治家 元・米国国務長官。



国籍
アメリカ

生年
1871年10月2日

没年
1955年7月24日

出生地
テネシー州オーバートン郡

学歴〔年〕
カンバーランド大学〔1891年〕卒

主な受賞名〔年〕
ノーベル平和賞〔’45年〕

経歴
弁護士を振り出しに、民主党テネシー州議会議員、連邦下院議員、上院議員を経て、1933年ルーズベルト大統領により国務長官に任命され、’44年まで12年間在任。この間、日米開戦直前の日米交渉で日本の野村吉三郎大使とわたり合い「ハル・ノート」と呼ばれる提案を行った。また第二次大戦中は国連憲章の作成をリードするなど、国際連合構想の実現に大きな役割を演じて“国連の父”と呼ばれ、’45年ノーベル平和賞を受賞した。著書に「回想録」(2巻、’48年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android