コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロデの泉 ハロデノイズミ

デジタル大辞泉の解説

ハロデ‐の‐いずみ〔‐いづみ〕【ハロデの泉】

Ma'ayan Harod》イスラエル北部、ギルボア山の麓にある泉。アフラの南東約10キロメートルに位置する。旧約聖書に登場する士師ギデオンがミデアン人との戦いの際、この泉の水を手ですくって飲んだ者を兵士として選び、勝利したとされる。現在は国立公園になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハロデの泉の関連キーワード邪視

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android