コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハードウェア・キャリブレーション はあとうえあ・きやりふれえしよん,はーどうぇあ・きゃりぶれーしょん

1件 の用語解説(ハードウェア・キャリブレーションの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ハードウェア・キャリブレーション

 モニター内部の設定を調整することで直接モニターの色表示を調整する。キャリブレーションを行う作業者の技術レベルに左右されないこと、またモニター自体で色調整を行うため( ソフトウェア・キャリブレーション に比べ)画質を犠牲にせず、精度の高い安定したキャリブレーションが可能。プリントなど印刷物とのカラーマッチングを高いレベルで実現できる。ハードウェア・キャリブレーションを行うためには、測色センサー、専用ソフトウェアが必要であるが、なによりハードウェア・キャリブレーションに対応したモニター(例:EIZO ColorEdge)でなければならない。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ハードウェア・キャリブレーションの関連キーワードICCプロファイルマルチモニター価格調整視準アラインメントモニター屋根モニタソフトウェア・キャリブレーション酸調整剤インターベンション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハードウェア・キャリブレーションの関連情報