設定(読み)セッテイ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐てい【設定】

[名](スル)
ある物事や条件をつくり定めること。「討論の場を設定する」「舞台を江戸時代に設定する」
法律で、新たに権利を発生させること。「抵当権を設定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐てい【設定】

〘名〙
① 施設や機関また、きまりなどを新たに設けること。〔英和商業新辞彙(1904)〕
※帝都復興に関する詔書‐大正一二年(1923)九月一二日「朕は宰臣に命じ、速に特殊の機関を設定して」
② ある仮定や条件を設けること。
※小説の方法(1948)〈伊藤整〉日本の場合「二葉亭が自己を作品の主人公に設定しながら」
③ 法律上、新たに権利を生じさせること。特に地上権・永小作権・質権・抵当権などの制限物権を生じさせることをいう。
※民法(明治二九年)(1896)一七六条「物権の設定及び移転は当事者の意思表示のみに因りて其効力を生ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android