コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフリブ half rib 

1件 の用語解説(ハーフリブの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

ハーフリブ

リブとはキャノピーのリーディングエッジよりトレーリングエッジにかけて設けられた壁のことである。キャノピーを理想的な翼に近づける為には、リブの数を多くして、上面及び下面の凸凹をなるべく少なくした方がよい。最近の機体のリブ数が初期のものに比べ多いのはこの為であるが、リブ数を多くしていくとキャノピーの重量がそれに比例して増していき、それが飛行特性に悪影響を与える。凸凹の影響が出易いところは風圧分布が高いリーディングエッジ付近でトレーリングエッジ付近はそれ程の影響はない。この為、重量増加をなるべく抑え、かつ翼の凹凸を少なくする為に、1つ置き程度にリーディングエッジからトレーリングエッジ方向の途中までリブを入れた構造をハーフリブという。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーフリブの関連キーワードキャノピーリブリフレックスウイニングエッジリーディングエッジダイパートレーリングエッジVテープリッジフォイルキャノピーリラティブワーク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone