コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凸凹 ダクボク

デジタル大辞泉の解説

だく‐ぼく【凹】

道などが平坦でなく凹凸(おうとつ)のあること。でこぼこ。
「胸はだくだく―の坂の下へと別れける」〈浄・丹波与作

でこ‐ぼこ【凸凹】

[名・形動](スル)
物の表面が出っ張ったり、へっこんだりしていること。また、そのさま。「凸凹した道」「凸凹な地面をならす」
物事に優劣・多少などの差があって、つりあいがとれていないこと。また、そのさま。「賃金の凸凹をならす」「クラスによって凸凹な成績」
[アクセント]デコボコ、ただし、サ変動詞の場合はコボコ。

とつ‐おう〔‐アフ〕【凸凹】

でっぱりとへこみ。でこぼこ。おうとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だくぼく【凸凹】

道などに高低のあること。でこぼこ。 「胸はだく〱-の、坂の下へと別れける/浄瑠璃・丹波与作

でこぼこ【凸凹】

( 名 ・形動 ) スル
平らでないこと。物の表面に高低があること。また、そのさま。 「 -をならす」 「道が-している」 「 -な頭」
数量などのつりあいがとれていない・こと(さま)。 「仕事量の-を調整する」 〔「 -する」などの場合、アクセントは [1]

とつおう【凸凹】

盛りあがったものと、へこんだもの。でこぼこ。おうとつ。 「蓮池の手前から横に切れる裏路もあるが、此方は-が多くて/門 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凸凹の関連キーワード立山センター・オーバーさんかく窓の外側は夜ダブルエンボス加工恋を知らないあなたアニタ エクバーグボリシェビク[島]悪魔のゴルフコース石目塗り・石目塗アラン・セーターホバークラフトアスペリティー鬼鰧・鬼虎魚ザトウクジラ色消しレンズ立山オーバー四月の想い出エンボス加工月とスッポン丹後ちりめんアイドホール

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凸凹の関連情報