コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凸凹 ダクボク

デジタル大辞泉の解説

だく‐ぼく【凹】

道などが平坦でなく凹凸(おうとつ)のあること。でこぼこ。
「胸はだくだく―の坂の下へと別れける」〈浄・丹波与作

でこ‐ぼこ【凸凹】

[名・形動](スル)
物の表面が出っ張ったり、へっこんだりしていること。また、そのさま。「凸凹した道」「凸凹な地面をならす」
物事に優劣・多少などの差があって、つりあいがとれていないこと。また、そのさま。「賃金の凸凹をならす」「クラスによって凸凹な成績」
[アクセント]デコボコ、ただし、サ変動詞の場合はコボコ。

とつ‐おう〔‐アフ〕【凸凹】

でっぱりとへこみ。でこぼこ。おうとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だくぼく【凸凹】

道などに高低のあること。でこぼこ。 「胸はだく〱-の、坂の下へと別れける/浄瑠璃・丹波与作

でこぼこ【凸凹】

( 名 ・形動 ) スル
平らでないこと。物の表面に高低があること。また、そのさま。 「 -をならす」 「道が-している」 「 -な頭」
数量などのつりあいがとれていない・こと(さま)。 「仕事量の-を調整する」 〔「 -する」などの場合、アクセントは [1]

とつおう【凸凹】

盛りあがったものと、へこんだもの。でこぼこ。おうとつ。 「蓮池の手前から横に切れる裏路もあるが、此方は-が多くて/門 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

凸凹の関連キーワード立山センター・オーバーさんかく窓の外側は夜ボリシェビク[島]悪魔のゴルフコースアニタ エクバーグ恋を知らないあなたダブルエンボス加工石目塗り・石目塗アラン・セータースタビライザーアスペリティーホバークラフト四月の想い出色消しレンズザトウクジラ立山オーバーエンボス加工アイドホール鬼鰧・鬼虎魚月とスッポン

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凸凹の関連情報