コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーモニクス奏法[harmonics playing] ハーモニクスソウホウ

1件 の用語解説(ハーモニクス奏法[harmonics playing]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ハーモニクス奏法[harmonics playing]

実音ではない、ハーモニクスを鳴らしてプレイする特殊奏法。拡張の1/2、1/3、1/4、1/5…の位置に指を軽く触れる程度に置き、ピッキングすると同時に、その指を離した時にでる倍音を強調する奏法。ギターでは次の3種類のハーモニクス奏法がある。(1)ナチュラル・ハーモニクス:チューニングの際に使用する5、7、12フレットなどで出る、普通のハーモニクスを使ってプレイする。(2)ピッキング・ハーモニクス:フラットピックの先端がちょっと見えるぐらいに深く持ち、ピッキングの直後(ほとんど同時)に、ピックを持っている親指の腹を弾いた弦に当ててハーモニクス音を出す。弾く位置は左手で押さえているポジションからブリッジまでの間の1/2、1/3…の所を弾く。(3)人工ハーモニクス:たとえば、5フレットを0フレットと想定して、一般的な奏法だと右手の人差し指でハーモニクスを得たいフレットに軽く触れ、親指でピッキングする。と同時に人差し指を離すとハーモニクス音が得られる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーモニクス奏法[harmonics playing]の関連キーワード扇を鳴らす嘴を鳴らす実音ハーモニー非を鳴らす不平を鳴らす弓を鳴らす鍵盤ハーモニカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone