コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハールブルク城 ハールブルクじょう

1件 の用語解説(ハールブルク城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハールブルクじょう【ハールブルク城】

ドイツ南部、バイエルン州の小都市ネルトリンゲン(Nördlingen)の近郊、ロマンチック街道沿いのヴェルニッツ河畔の小さな町ハールブルク(Harburg)を見下ろす山上に建つ古城。◇ハールブルク城の歴史は古く、1150年には文献に登場する。以来19世紀まで改築を繰り返しながら今日に至った。この城は中世において一度も陥落しなかった城として、またドイツの城の中で最も保存状態のよい城として知られている。銃座や地下牢獄、城門、塔などをめぐるガイドツアーが用意されている。ハールブルク駅から城までは徒歩で20~30分で、急坂を登る必要がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハールブルク城の関連キーワードベルヒテスガーデンランツフートシュバーベンアウグスブルクアンスバッハフッゲライプリーンホフブロイハウスミッテンワルトワルハラ神殿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone