コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイェデルカウカ州 バイェデルカウカValle del Cauca

1件 の用語解説(バイェデルカウカ州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイェデルカウカ〔州〕
バイェデルカウカ
Valle del Cauca

コロンビア西部の州。州都カリ。西は太平洋に面し,海岸低地からアンデスの西部山脈とカウカ川上流部の河谷を横切って,中部山脈西斜面にかけて広がる。肥沃な農業地帯であるカウカ谷を含み,1954年以来カウカ谷開発公社による灌漑が進んでおり,農業が主産業。特にサトウキビ,米,タバコ,コーヒーは全国有数の生産高を示す。西岸のブエナベントゥラは同国の太平洋岸第1の港で,同国最大の輸出品であるコーヒーの大半はここから積出される。カリから同港まで鉄道,道路が通じるほか,カウカ谷に沿って幹線道路,鉄道が通る。面積2万 2140km2。人口 333万 5827 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone