コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオコンピューター ばいおこんぴゅーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイオコンピューター

生物や人間のが持つ思考や認識機能、情報処理や伝達構造などの解析結果をもとに作られたコンピューターのこと。人間の脳の動作原理を電子回路によって構成したものと、半導体素子の代わりにバイオチップ生体素子)を用いたものがある。バイオチップを用いたものは、現在のコンピューターの1000倍を超える情報処理速度が実現できるといわれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バイオコンピューター(biocomputer)

人間の脳の機能と同様の、瞬間的な理解やあいまいな状況の判断など、高度な情報処理をめざすコンピューター。一般には、バイオチップを用いて脳の生体構造をまねたものをさす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バイオコンピューター【biocomputer】

合成された有機分子や酵素などのタンパク質分子を素子として使うコンピューター。理論的には、発熱量の少ないコンパクトなコンピューターになると考えられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バイオコンピューターの関連キーワード非ノイマン型コンピューターバイオ素子松本元

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオコンピューターの関連情報