コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報処理 じょうほうしょり

5件 の用語解説(情報処理の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

情報処理

入力された情報をコンピューターで加工して、その結果を出力すること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐しょり〔ジヤウホウ‐〕【情報処理】

与えられた情報から目的に添った情報を導き出すこと。
コンピューターを使用して行う処理一般のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうほうしょり【情報処理】

収集した多量の情報に、コンピューターなどを使って分類・整理・選択・演算などの処理を施して、目的に応じた情報を得られるように加工すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報処理
じょうほうしょり
information processing

情報の獲得,記録,整理,検索,表示,配布などその取り扱い。近年は特にコンピュータを使った操作をさすことが多い。15世紀半ばの印刷術の発明に始まり,写真と電話の発明,さらに 20世紀後半のコンピュータの大量生産にいたるまで,この数世紀の間に,情報を記録,蓄積,複製する能力は飛躍的に拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報処理
じょうほうしょり

主として自動装置を用い、情報の処理・加工を行うことをいうが、一般にはコンピュータを用いて業務を処理すること、および処理の技法、処理手続きの開発・運用全般についていうことが多く、きわめて広い範囲の概念を含んでいる。情報の形は、文字・数値のような文字情報、話しことば・音楽のような音声情報、図画・写真のような画像情報、圧力・温度・流量のような物理量情報とに大別することができる。現在コンピュータは、文字・数値情報を機械処理するのにもっとも適しているとされるが、印刷機、録音・再生装置、映画撮影機・映写機テレビ放送機・受像機なども、広義に解釈すれば、それぞれ情報処理装置の一種ということができる。
 情報の処理とは、情報を記録し蓄積すること、蓄積された情報のなかから必要な情報を選び出して取り出したり再生したりすること、情報を伝送・伝達すること、情報を複製すること、情報を変換すること、数値計算すること、情報の並べかえ、転写を行うことなどをさす。コンピュータで処理される業務は、ほとんどがいまあげた操作の繰り返しといってよい。情報の蓄積・伝送・処理(従来の)を総合した情報処理体系が構築されている。
 ただし、情報のもっている意味と、その内容の理解については、一部で機械化する試みはあるにせよ、最終的には人間の責任において行わなくてはならないことを忘れてはならない。また、においや味などのように、現在では簡単に機械で記録・再生することのできない情報も存在することを付言しておく。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の情報処理の言及

【情報】より

…その伝達や処理は元来は人間が担っていたものであるが,技術発達の過程で,材料加工から〈物質〉の概念が生まれ,原動機の開発から〈エネルギー〉の概念が生まれたように,通信技術やコンピューターや自動制御の発達の結果,新しく〈情報〉の概念が形成されたのである。情報を生産したり伝達したりするのは制御のためであり,利用しやすくするために保存(記録・記憶)や加工(情報処理)も行われる。現代的意味での情報の特徴は,その表現形式と意味内容が分離されうることである。…

【スポーツ情報学】より

…したがって,スポーツ情報学は,種々雑多なスポーツ情報を束ねる一つの学問体系であると同時に,その学問体系をより合理的なものに軌道修正しながらより精度の高い情報理論を構築していくための研究領域でもある。ここでは,情報の分類体系論とより精度の高い情報理論の探究をめざす〈情報学〉がその中心となるが,それを支える〈情報処理〉の技術に関する研究も重要な意味をもってくる。なぜなら,コンピューターの相次ぐ技術革新が〈情報処理〉の方法に多大な変革を迫るばかりでなく,新しい情報理論の構築にも大きな影響を及ぼさずにはおかないからである。…

※「情報処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

情報処理の関連キーワードイメージ検索検索情報検索データバンクドキュメンテーションFOIARM経営成績DNA型情報のデータベース化獲得高度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報処理の関連情報