コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオリン音楽 バイオリンおんがくviolin music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオリン音楽
バイオリンおんがく
violin music

最古のバイオリン作品として L.マレンツィオの『幕間シンフォニア』 (1589) や,C.モンテベルディの『オルフェオ』 (1607) のなかの2つのバイオリンを伴うアリアなどがあげられる。さらにイタリアマントバ楽派によって,重音奏法,トリルトレモロ,ピッチカートなどの技法が開拓された。ドイツではイタリア以上に重音奏法が発展し,J.S.バッハ無伴奏ソナタパルティータなどが作られた。 18世紀には管弦楽室内楽において旋律楽器として重要な役割を演じ,ハイドンモーツァルトらによるすぐれた作品が数多く作られた。ソロ楽器としては G.ビオッティによって近代奏法の基礎が築かれ,パガニーニによる技巧的な名人芸的作品が作られた。 20世紀になると,作曲技法に即した演奏技巧が要求されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バイオリン音楽の関連情報