コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイユーのタペストリー バイユーのタペストリー

1件 の用語解説(バイユーのタペストリーの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

バイユーのタペストリー【バイユーのタペストリー】

フランス北西部、ノルマンディー地方の都市カーン(Caen)のバイユー美術館に展示されている、縦50cm、横70mのタペストリー。このタペストリーにはノルマンディー公ギヨーム(のちのイングランドウィリアム1世)のイングランド遠征から、1066年のヘースティングスの戦いまでが描かれている。もとは、ノルマンディーのバイユー大聖堂に保管されていたが、現在はバイユー美術館が保管・展示している。このタペストリーは、ウィリアム1世の王妃マティルダが征服を記念して寄進したものとされたことから「王妃マティルダのタペストリー」とも呼ばれてきたが、近年の研究によりウィリアム1世の異父弟ウード司教がつくらせたものと考えられ始めている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイユーのタペストリーの関連キーワードドービルノルマンディーファレーズノルマンディー公国カーン城レザンドリーノルマン種 (Norman )ノルマンディ風ノルマンド

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイユーのタペストリーの関連情報