コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアム1世 ウィリアムいっせいWilliam I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリアム1世
ウィリアムいっせい
William I

[生]1027/1028. ノルマンディーファレーズ
[没]1087.9.9. ルーアン
イギリス,ノルマン朝初代のイングランド王 (在位 1066~87) 。「征服王」 the Conquerorと称される。ノルマンディー公ロベール1世の庶子。父の跡を継いで公となる (35) 。嫡出でない公に対して不満をもつ貴族の反乱を鎮圧して (47) ,公領の秩序を回復。 1066年イングランド王エドワード (懺悔王) が嫡子なく没し,義弟ハロルドが即位すると,ウィリアムはエドワードのいとこの子であること,またかつてエドワードより王位を約束されていたことなどを理由に,ノルマンディー,フランドル,ブルターニュ各地より集めた数千の騎士を率いてイギリスに侵入 (→ノルマン・コンクェスト ) ,ヘースティングズの戦いでハロルドを破って即位した。イングランド全土を没収して部下のノルマン騎士に分与し,新たに封建制度を導入して統治した。アングロ・サクソン人の慣習を尊重し,中央,地方行政を整備。カンタベリー大司教ランフランクとはかってローマ教皇権の干渉を排除,また 86年直臣,陪臣を問わず全国のあらゆる土地所有者をソールズベリーに集めて忠誠を誓わせ,同年全国にわたる土地調査書「ドゥームズデイ・ブック」を作成させるなど,他国に例をみない集権的封建制の基礎をつくった。フランス王フィリップ1世に対抗するためノルマンディーにおもむく途中,落馬して死亡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィリアム1世の関連キーワードウェストミンスター・アベーフィリッパ・オブ・エノーノルマン・コンクエストドゥームズデー・ブックウィンザー(イギリス)ドゥームズデー・ブックバイユーのタペストリーヘースティングズの戦フィッツジェラルド家ウイリアム(1世)フィッツオズバーンウィリアム(2世)ヘースティングズ城ウィリアム[2世]ヘースティングズヘンリー[1世]コルチェスター城ウィリアム2世コルチェスターカッスルキープ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android