コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バサナビチュス Jonas Basanavičius

1件 の用語解説(バサナビチュスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バサナビチュス【Jonas Basanavičius】

1851‐1927
リトアニア民族運動の指導者,民俗学者。モスクワ大学歴史・文献学部卒業後,さらに医学部に進んだ。ブルガリアその他東欧各国の病院で医師を務めるかたわら,祖国リトアニアのロシアからの独立を果たすため民族運動の指導者として活躍した。1883年リトアニアの知識人を結集して機関紙《曙Aušra》を創刊,文化活動の中心人物となる。1907年ビルニュスに〈学術協会〉を設立,終生会長を務め,18年祖国の独立をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バサナビチュスの関連キーワード日活(株)海洋文学紀行文学リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone