コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バサナビチュス Jonas Basanavičius

世界大百科事典 第2版の解説

バサナビチュス【Jonas Basanavičius】

1851‐1927
リトアニアの民族運動指導者,民俗学者。モスクワ大学歴史・文献学部卒業後,さらに医学部に進んだ。ブルガリアその他東欧各国の病院で医師を務めるかたわら,祖国リトアニアのロシアからの独立を果たすため民族運動の指導者として活躍した。1883年リトアニアの知識人を結集して機関紙《曙Aušra》を創刊,文化活動の中心人物となる。1907年ビルニュスに〈学術協会〉を設立,終生会長を務め,18年祖国の独立をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バサナビチュスの関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android