バスカービル家の犬(読み)ばすかーびるけのいぬ(英語表記)The Hound of Baskervilles

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの推理作家コナン・ドイルのシャーロック・ホームズものの長編。1902年作。四編の長編中、最高傑作の評価が高い。ダートムアの旧家バスカービル家の当主ユーゴーが悶死(もんし)した現場の沼沢地には、大きな犬の不思議な足跡があった。ホームズはこの怪奇の謎(なぞ)を探ろうと現地を訪れる。沼に引き込まれる馬、どこからともなく聞こえるうめき声。ダートムアの陰気で怪奇な迫真の描写は、ドイルの作品のなかでも光る。そしてそれが単に怪奇談に終わらず、推理的な合理性のある解決で結ばれるところにこの作品の価値があり、推理小説ベストテンの古典的作品として、よくリストアップされる。

[梶 龍雄]

『阿部知二訳『バスカヴィル家の犬』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android