コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悶死 モンシ

デジタル大辞泉の解説

もん‐し【×悶死】

[名](スル)もだえ苦しんで死ぬこと。もだえじに。「悲嘆のうちに悶死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんし【悶死】

( 名 ) スル
苦しみもだえながら死ぬこと。 「完全を求めて得られんなら、-すべきではないか?/平凡 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悶死の関連キーワード問・悶・文・紋・聞・門バスカービル家の犬金幣猿島郡平家女護島真景累ヶ淵内藤 國夫宜湾朝保ピエール夜明け前平家物語島崎藤村藤原斉信提婆達多高橋景保壬生忠見悶え死に篁物語恋重荷リア王悲嘆

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悶死の関連情報