悶死(読み)モンシ

  • ×悶死
  • もだえじに

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)もだえ苦しんで死ぬこと。もだえじに。「悲嘆のうちに悶死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
苦しみもだえながら死ぬこと。 完全を求めて得られんなら、-すべきではないか?/平凡 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 もだえながら死ぬこと。もんし。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「歩いても歩いても可忌しい一間の外に行所の無い切なさは、或は悶死(モダヘジニ)に死にはせぬか、と遽に可恐くなって」
〘名〙 もだえ苦しんで死ぬこと。もだえじに。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「昆虫どもの悶死するありさまを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android