コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスティ Bastī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスティ
Bastī

インド北部,ウッタルプラデーシュ州東部の町。バスティ県の行政庁所在地。ゴラクプル西方 65km,クワナ川 (ガーガラ川の支流) にのぞむ。 1865年にバスティ県の行政中心地となってから急速に発展。製塩綿織物,木工,土器,ガラス器などの小規模工場がある。ネパールとの交易地。人口8万 7512 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android