コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターラ Batāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バターラ
Batāla

インド北西部,パンジャブ州北部の町。アムリッツァル北東約 35kmに位置する。シバーリク山脈南西麓の灌漑農耕地の一商業中心地。綿花コムギなどを集散し,製糖毛織物,皮革品,農業用具などの製造が行われる。2つのカレッジがある。人口8万 8896 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バターラの関連キーワードビーフストロガノフインスタント食品ジャイナ教美術フリカッセいかの墨煮クリシュナビシュヌ吉祥天ドリア楞伽経化身権化

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android