バッジョ(読み)ばっじょ(英語表記)Roberto Baggio

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッジョ
ばっじょ
Roberto Baggio
(1967― )

イタリアのプロサッカー選手。2月18日、イタリアのカルドーニョ(ビチェンツァ県)生まれ。ラネロシ・ビチェンツァ(イタリア)でプロデビュー。1985年フィオレンティーナ(イタリア)へ移籍し、チームの中心選手として広く国内に存在をアピールした。1990年にユベントス(イタリア)へ移籍したときには、怒ったフィオレンティーナファンが同クラブ会長の自宅を襲うほどの騒ぎもあった。1990年ワールドカップ・イタリア大会で、代表のレギュラーに定着し、次の1994年アメリカ大会ではイタリアのエースに成長した。苦戦続きの試合のなかで、貴重なゴールを次々と決めて、決勝進出の原動力となった。しかし、決勝でのペナルティー・キック(PK)戦で最後のキッカーとして失敗。「悲運のエース」というイメージが残る。ユベントス時代の1993年にヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)を受賞。その後、ACミラン(イタリア)に移籍したが出番は少なく、1997年にボローニャ(イタリア)へ移った。1998年ワールドカップ・フランス大会メンバーにも選出され、大会でも活躍した。2000~2001年シーズンからブレッシァ(イタリア)でプレーし、2004年5月に現役を引退した。[西部謙司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バッジョの関連情報