コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出番 デバン

デジタル大辞泉の解説

で‐ばん【出番】

仕事・舞台などに出る番。「出番が近づく」
問題解決などのためにその人の登場すべき場面。「ここまでこじれては、いよいよ先生の出番だ」
江戸時代商家奉公人公休日をもらう。藪(やぶ)入り、宿下りなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でばん【出番】

勤務につく番。
役者が舞台に出る番。 「 -を待つ」
出て、活躍すべき場面。 「おやじの-だ」
江戸時代、商家の奉公人が主家から公休をもらう番。藪入り・宿下がりの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出番の関連キーワードグリーンルーム<ステージ用語>オスカー ピストリウス伊万里トンテントン祭りリカルド クアレスマライティング・ソフトマット マートン食い付き・食付き落ち合う・落合うマルセリーニョ控える・扣えるバリー ジート自動周波数制御出る幕ではないポケットベルオンステージ腕をさする貴ノ浪貞博出突っ張り笑福亭鉄瓶ダグアウト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出番の関連情報