苦戦(読み)くせん

精選版 日本国語大辞典「苦戦」の解説

く‐せん【苦戦】

〘名〙
強敵を相手にして、または不利な状況のもとで、非常な労をしてうこと。また、その戦い。
※太閤記(1625)三「万卒に面を進め、一挙に死を争ひ苦戦せし有さま」 〔杜甫‐兵車行〕
② (比喩的に) 自分に不利な状況を克服したり、何かを成しとげようとして苦しみながら努力すること。また、その苦しい努力。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「とにかく敵手(あひて)は親といふので渋谷の方でも苦戦(クセン)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦戦」の解説

く‐せん【苦戦】

[名](スル)
相手が強く、不利な状況で苦しい戦いをすること。「苦戦を強いられる」「選挙で苦戦する」
物事をなしとげるために苦しみながら努力すること。
「信仰なくんば信仰を得るまで―せよ」〈独歩・悪魔〉
[類語]苦闘悪戦苦闘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「苦戦」の解説

【苦戦】くせん

困難ないくさ。悪戦。唐・杜甫〔兵車行〕 況(いは)んや復(ま)た秦兵の戰にへたるをや 驅らるること犬ととに異ならず

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android