コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦戦 クセン

デジタル大辞泉の解説

く‐せん【苦戦】

[名](スル)
相手が強く、不利な状況で苦しい戦いをすること。「苦戦を強いられる」「選挙で苦戦する」
物事をなしとげるために苦しみながら努力すること。
「信仰なくんば信仰を得るまで―せよ」〈独歩・悪魔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くせん【苦戦】

( 名 ) スル
手強い敵や不利な状況に苦しみつつ戦うこと。 ⇔ 善戦 「思わぬ相手に-する」 「 -を強いられる」
(比喩的に)不利な条件や困難な状況のもとで物事をなしとげようとして苦心すること。 「とにかく敵手あいては親といふので渋谷の方でも-で/二人女房 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苦戦の関連キーワードブック・オブ・モルモン宮崎シャイニングサンズアドリアノープル条約ディオニュシオス1世アナウンスメント効果はなまるマーケット韴の霊・布都御魂デメトリオス2世FCマルヤス岡崎グーグル規制問題インバウンド婚カミザール戦争武器よさらばサリナス政権陸軍第六師団グルカー戦争富田信高妻蔚山の戦いマルケルス輸入車市場

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦戦の関連情報