苦戦(読み)くせん

精選版 日本国語大辞典「苦戦」の解説

く‐せん【苦戦】

〘名〙
強敵を相手にして、または不利な状況のもとで、非常な苦労をして戦うこと。また、その戦い。
※太閤記(1625)三「万卒に面を進め、一挙に死を争ひ苦戦せし有さま」 〔杜甫‐兵車行〕
② (比喩的に) 自分に不利な状況を克服したり、何かを成しとげようとして苦しみながら努力すること。また、その苦しい努力。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「とにかく敵手(あひて)は親といふので渋谷の方でも苦戦(クセン)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦戦」の解説

く‐せん【苦戦】

[名](スル)
相手が強く、不利な状況で苦しい戦いをすること。「苦戦を強いられる」「選挙で苦戦する」
物事をなしとげるために苦しみながら努力すること。
「信仰なくんば信仰を得るまで―せよ」〈独歩・悪魔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android